コーヒーを完璧な状態で出す技術【資格をとって食に関わろう】

ロゴ

食文化に関わる

飲食業を続けていくには大変な努力やコストのやりくりが必要になってきますが、文化的な側面もありやりがいを感じる人は多いです。食をはじめ、ファッションなどの文化に関わりたい人は専門学校などに通うと技術を学ぶことができます。

食に関わる仕事で人気のある職業ランキング

no.1

調理師

やはり一番なる人も多く、専門学校で勉強する人が多いのが調理師です。調理師免許を取得することで、衛生責任者にもなれますし、資格手当が出ます。いろんな調理場で活躍できるようになるため、様々な訓練が行なわれるため人気です。

no.2

ラーメン屋

フランチャイズや開業支援も豊富にあるので、ラーメン屋になりたい人が大変増えています。ラーメンはとても身近な職業なので、様々なメニューを食べ歩き、結果おいしいラーメンを作りたくなる人が多いのです。

no.3

管理栄養士

管理栄養士の資格を取得すれば、保健所や保健センターで仕事ができるので、公務員として働くこともできます。安定性があるので、人気の職業となっています。ただ、国家試験に合格する必要があるので、なるのは難しい職業です。

no.4

カフェオーナー

一つのお店を経営することが夢という人に人気の職業です。カフェはコンセプトもお店によって違いますので、一人一人お気に入りのお店があるといってよいでしょう。お店を継続させるためにはこういったコンセプト作りが大切です。

no.5

パン職人

身近な食べ物をおいしくすることで生活が楽しくなります。気軽にできるような印象がある職業なので、専門学校でもこのコースを受ける人が多いです。ベーカリーで実践を学ぶという人もいますが、資格をとって就職の強みにしたい人は専門学校に通います。

資格があると自信になる

食に関わる仕事は、カフェやお店で経験を積むことで始めることができます。しかし、学校で体系的に学ぶことで、実践ではできないより幅広い知識を積むことができ自信になるのです。そのため専門学校への入学も検討しましょう。

資格を取るならコーヒーの資格!【カフェ文化を作る】

コーヒー

資格でも人気のバリスタ

食に関わる仕事は大変多く、カフェは開店も多ければ閉店も多いため、できれば確かな資格を取りたいものです。その中で最近人気なのがバリスタです。
コーヒーは昔から日本でも飲まれてきましたが、最近コーヒーをおいしく飲めるための環境づくりができるこのバリスタといった職業が注目されるようになってきました。

技術が身に付く

バリスタはエスプレッソコーヒーの抽出を始めとする、おもてなしに深く関わる仕事です。専門学校に通えば、マシンの使い方や豆の管理方法など、実際にコーヒーを作る際に必要になる知識や技術が学べますし、資格も発行されています。また、使うマシンは多種多様なので、できれば多くの機種について学べる学校を選びましょう。

店舗経営についても学ぼう

それだけでなく、店舗経営について学べるのが専門学校で学ぶ強みです。経営には経理やコンセプト、マーケティングが必要です。資格だけでなく店舗経営についても学んで、将来に活かしましょう。

[PR]
コーヒーの資格を取得
色々な知識が学べる

[PR]
メイクの資格が取れる学校☆
夢を叶えるスキルを身に付けよう